家庭用脱毛器の光脱毛に使われるキセノンランプとは?

現在普及している家庭用脱毛器のフラッシュ脱毛器の多くは、ガラス管内に希ガス元素のキセノンを封入した「キセノンランプ」というライトを使用しています。
このライトは、昼間の太陽光に非常に近い性質を持った強力な光を発するのが特徴で、時間をかけずに安定した光を出力できることから、映写機や工業用照明、集魚灯、プラズマディスプレイなどの様々な用途で使用されています。

家庭用脱毛器に使用されているのは、このライトを改良した「キセノンフラッシュランプ」と呼ばれるもので、メラニン色素に反応する波長を持つ強力な光を瞬間的に連続で照射できるようにしたものです。
これにより、特定のムダ毛を狙わなくても、ライトの光を広範囲に照射するだけで、メラニン色素を持つ黒い毛を自動的に捉えて毛根部分に光を集中させることができるので、短時間で広い範囲のムダ毛の毛根にダメージを与えて脱毛を促すことができます。

ただし、このライトの発する光の性質上、脱毛効果が及ぶのはメラニン色素を持つ部分のみとなります。
このため、産毛のような色素を持たないものには効果がなかったり、逆にシミや肌に色素沈着がある部分などには、過剰な光が集中して肌をダメージが及ぶこともあるので、注意が必要です。

なお、家庭用脱毛器として市販されている製品の中には、キセノンランプを使用していないものもあります。
それでも全く効果がないわけではなく、同等の効果を発揮するものありますが、やはり耐久性や安全性などを考慮するとキセノンランプを使用した家庭用脱毛器のほうが安心です。

カテゴリー: 未分類 | コメントする

家庭用脱毛器に危険性は無いことについて

家庭用脱毛器は、ここ数年で大変人気の商品となりました。それは、エステサロンに行く時間と費用を節約することができて、エステサロンと同様に脱毛することができるからです。特に、光脱毛方式やレーザー脱毛方式の家庭用脱毛器は、頑張れば永久脱毛することも夢ではありません。このように大変便利な家庭用脱毛器ですが、脱毛を行う以上、体に何らかの作用を及ぼすのですが、危険性は無いのでしょうか。結論から先に言いますと、危険性はありません。しかし、注意すべきことがあります。それは、取扱説明書の指示に従って使用することです。取扱説明書の指示に従わない場合には、いくら安全な設計をされている家庭用脱毛器といえども、危険なことになってしまいます。例えば、光脱毛方式やレーザー脱毛方式の脱毛器は、強い光を照射します。これを直接目で見ないように、必ず付属品としてサングラスのような遮光眼鏡が付属しています。これをきちんと装着して脱毛を行わなければ、目の健康を害する恐れがあります。また、同様に顔の脱毛を行う際にも注意が必要です。取扱説明書で、顔脱毛が禁止されている場合には、その指示を守って顔脱毛はしないことです。禁止されていない場合でも、目の周囲の脱毛はしないように書かれているはずです。間違って目に強い光が入らないようにするための注意書きです。このように、取扱説明書の注意書きをきちんと守っていれば、家庭用脱毛器に危険性はありません。

カテゴリー: 未分類 | コメントする

家庭用脱毛器の使用期間は肌へのダメージを考えて

家庭用脱毛器は「ムダ毛をそるタイプ」と「ムダ毛を抜くタイプ」と「ムダ毛の毛根に施術するタイプ」とあります。
「毎日の使用が大丈夫」というタイプの物もありますが、おおまかに使用頻度の回数や期間の上限を決めている対応の物もあります。
いずれの場合も、取り扱い説明書に目を通して肌へのダメージを考えたサイクルで使いましょう。
毛根が残っている「ムダ毛をそるタイプ」は肌表面に出ている毛の部分を剃り落として外見上目立たなくするタイプの家庭用脱毛器になるので、毎日の使用を行う場合がほとんどになります。
当然、皮膚への刺激は毎日の事になりますので脱毛の刺激による肌へのダメージがありますので、その都度肌に対するケアは充分すぎる程おこないましょう。
家庭用脱毛器で「ムダ毛をそるタイプ」以外の場合は外見上、ムダ毛をとりさってしまうので肌と同時に毛根にも刺激によるダメージがあります。
消毒を含めた肌のケアをしっかり行いましょう。刺激による色素の沈着や雑菌による炎症、毛穴の中でムダ毛が生えてしまい外にでてこない「埋没毛」を防ぐためにも必須です。
この場合の家庭用脱毛器の使用期間は、毛の生えてから抜けてゆくまでのサイクルにあわせて使ってゆくと効果的です。
身体の各部分はおおむね約1カ月くらいでひととおり新しくなる事と、毛根は毛が抜けてから1週刊から3週間ほどの休みを置いて活動をはじめますので、1カ月単位を区切りとして脱毛の成果を確認していった方が良いです。
肌へのダメージを考えて、脱毛に関しては期間に余裕をもたせて処理をしてゆきましょう。

カテゴリー: 未分類 | コメントする

家庭用脱毛器を選ぶ際にはカートリッジの費用も忘れずに

家庭用脱毛器は、自宅にいながら、自分の都合のよい時間に、誰にも見られることなく脱毛をすることができるという、大変便利な器具です。その費用も、脱毛エステに通うことに比べれば、格段に安く済みます。とはいってもお金がかかることには違いがありませんので、出来るだけ安く済ませたいものです。家庭用脱毛器を選ぶ際には、その本体価格だけを見て高い安いの判断をしてしまいがちですが、それだと、安い方を選んだつもりが最終的には費用が高くついたと言うことにもなりかねません。と言いますのは、特に光脱毛方式の家庭用脱毛器などでは、カートリッジは決まった回数しか光を発することができないからです。ですから、決まった回数がくると、新しいカートリッジを購入しなければなりません。つまり、ランニングコストが発生するのです。ランニングコストとは、1回の照射でどれくらいの費用が発生するかと言うことで計算します。簡単に言うと、カートリッジ値段を、その照射できる最大の回数で割れば、1階当たり一体いくら掛かっているのかが分かるのです。そうして、もう一つ気をつけたいのは、一回の照射でどの位の面積を脱毛処理することができるかと言うことです。いくらカートリッジの照射できる最大の回数が多くても、一回で照射できる面積が小さければ、結局は照射回数を多くしなければならないことになり、不経済となります。このことをまとめると、家庭用脱毛器は、本体の価格のみならず、カートリッジの価格と最大照射できる回数、それに照射面積を考慮して選ぶべきだと言うことです。

カテゴリー: 未分類 | コメントする

家庭用脱毛器は、家庭で脱毛できることが利点

家庭用脱毛器の利点は、何と言っても家庭で脱毛を行うことができる点にあります。家庭で脱毛を行うことにどんな利点があるのかといいますと、先ず第一に考えられるのが、エステサロンに行く費用と時間を省くことができると言う利点です。エステサロンで脱毛をすると、それなりの費用が掛かりますし、2ヶ月に一回程度のペースでエステサロンに通わなければならない手間があります。これに対して家庭用脱毛器では、初期費用とランニングコストを合計しても、エステサロンで脱毛してもらうよりは安い費用で脱毛を行うことができます。それに、自宅でできると言うことは、予約を取ったり、その予約の時間に合わせて出かけると言った手間もなくなり、風呂上りであろうと寝る前であろうと、自分の都合のよい時間に脱毛をすることができるのです。家庭用脱毛器の利点はそれだけではありません。自分で脱毛することができるために、どこの部位を脱毛したいとい言うことを説明する必要もありませんし、脱毛したい部位を人に見られることもないのです。例えば所謂VIOラインなどと言ったデリケートゾーンの脱毛などは、例え同性であったとしても他人に見られるのはためらわれる箇所ですし、クリニックなどで男の先生に当たった日には、腋の下を見られるのでさえ恥ずかしいと思う方も多くいらっしゃるでしょう。家庭用脱毛器は、そのような悩みから開放されて、安価で安全に自分の都合の良いときに脱毛を行うことができる、実に便利な器具なのです。

カテゴリー: 未分類 | コメントする

格安の家庭用脱毛器について

家庭用脱毛器と言いますと、かつてはエステ級のもので5万円から8万円程度の出費を覚悟しないと入手できませんでした。それでもやはり、エステの脱毛器は優れており、なかなか同程度の脱毛機能を持つものの入手は困難でした。

ところが昨今の家庭用脱毛器は格安になっており、高機能のものが2万円程度で入手できるようになりました。

しかし自分で脱毛する場合にはいろいろトラブルがあり、自己流の場合は説明書よく読み使用する必要があるようです。

ついついむだ毛のある肌が隠れる服を選んでしまう、エステですと10数万円かかってしまうので躊躇してしまうなどの事情があると思われますが、格安の家庭用脱毛器がコンプレックスを解消してくれるものとなります。

最近の家庭用脱毛器に使用されている低周波は、素肌を傷つけることなく気になるむだ毛のケアができる優れもので、更にモイストケアジェルで、スムーズな処理が可能となります。

好きな時間、好きな場所でボデーの各所の処理が可能ですので、日常生活の中の習慣に取り入れることが出来れば、やがてコンプレックスの解消につながるでしょう。

これまでのむだ毛処理は、カミソリで行うことがあったと思いますが、肌を傷つけ、色素沈着につながることもありますので止めた方がいいでしょう。また毛抜きの方法は、毛を引っ張りますので、肌に負担をかけ痛みやぶつぶつの原因になることも多いようです。

除毛クリームや乳液も販売されていますが、肌への負担が大きく、止めた方がいいでしょう。

カテゴリー: 未分類 | コメントする

家庭用脱毛器を買取してもらおう

自宅でいつでも好きな時に脱毛できるということで人気の家庭用脱毛器ですが、よく検討せずに購入してしまって失敗したという人もいるでしょう。家庭用脱毛器も価格はピンからキリまでですから、自分の使用頻度と使用箇所にあわせて購入しないと残念な結果になってしまいます。本格的な脱毛をおこなうわけではないからと、価格の安さだけで選んでしまうと、使い勝手が悪く損してしまうこともあるでしょう。本体の価格が安くても、脱毛時に使用するクリームが別売りで、クリームの費用とあわせると結局高額になってしまうこともよくあります。実際に使うことを頭に入れて、必要な付属品はすべてついているのかなどもチェックするとよいでしょう。また、使い方が簡単な家庭用脱毛器を選ぶことも大事です。使い方が分からないことで無駄にしてしまうケースも意外に多いです。使用していなくても、いったん開封してしまったら中古扱いになってしまいますし、家庭用脱毛器は慎重に購入する必要があるのです。もしどうしても使用できなかったり、使わなくなってしまったら、買取に出すのもいいでしょう。開封したものでもほとんど使用していないのであれば美品ですし、高い金額で買取してもらえる可能性も高いです。化粧品などといった消耗品と違い、家庭用脱毛器は機械ですからリサイクルも可能ですし、十分中古品として買取してもらえるでしょう。買取を考える場合は、外箱をとっておいたりと、できるだけ綺麗な状態で持ち込みましょう。

カテゴリー: 未分類 | コメントする

家庭用脱毛器とお風呂の注意点

最近は、リーズナブルな家庭用脱毛器も増えてきたので、自宅で手軽に利用できるようになっています。
ただし、家庭用脱毛器は種類によって、脱毛の仕方も異なるので使用には注意が必要です。
家庭用脱毛器だけでなく、脱毛全体にいえることなのですが、脱毛した後は日焼けや・大量の紫外線を浴びる行為、暑すぎるお風呂に入ることは避けて下さい。
これらの行為は、肌への乾燥ダメージが強く、肌を痛めてしまう場合があります。脱毛をすることによっての肌ダメージはゼロにはできないので、脱毛後のお肌にはなるべくダメージを与えないようにすることが必要です。
家庭用脱毛器は電化製品になるので、お風呂場での使用ができない種類も多くあります。
フラッシュ式・レーザー式などは使用後は原則お風呂に入れないようになっています。
毛抜脱毛タイプの機械は、お風呂で身体を温めた後に、毛穴が広がった状態で使用したほうが効果があります。
泡脱毛は石鹸を泡立てながら使用するので、お風呂場での使用に適しています。
このように、家庭用脱毛器は種類によって使用方法が違ってきますので、脱毛器を選ぶ際は自分のライフスタイルにあったものを選んであげるのも大切です。
メーカーや種類が豊富な分、お値段も様々です。高いものを購入したのに、すぐに壊れてしまったというケースもあります。家庭用脱毛器は電化製品ですので、使用の際はきちんと説明書を読み、取り扱いに注意するようにして下さい。

カテゴリー: 未分類 | コメントする

家庭用脱毛器は音の静かな製品を選ぶべき?

家庭用脱毛器は、性能の高さや価格ばかりに注目しがちですが、実際に使ってみると気になる点がいくつも見つかるものです。
とりわけ見逃しやすいのは、家庭用脱毛器が発する騒音の問題です。

たとえば、家族などの同居人がいる場合には、家庭用脱毛器の音が大きいと、自分がムダ毛の処理をしていることを同居人に知らせることになるので、お互いに気恥ずかしさを感じるものです。
かといって、同居人が寝ているときにコッソリと使用することもできないので、結局あまり使わなくなってしまいます。
また、マンションやアパートなどの集合住宅では、深夜に家庭用脱毛器を使用していると、ご近所トラブルに発展する場合もあります。

このため、家庭用脱毛器は性能の高さや価格ばかりでなく、自分の周辺環境を考慮して、他人に迷惑をかけない製品を選ぶことが大切です。

一般に、家庭用脱毛器の中でも特にムダ毛を根絶する効果が高い「フラッシュ脱毛器」や「レーザー脱毛器」は、強い光を発生させるために本体が過熱状態になりやすく、故障を防ぐために内部を冷却する必要があるため、使用のたびに本体内部の冷却ファンが激しく回転して大きい音を出す製品も少なくないようです。
最近は、フラッシュ脱毛器でも静かさを重視した製品が発売されているので、こうした製品を選ぶことが大切です。

一方、連続使用するためにチャージ時間が必要なフラッシュ脱毛器では、チャージ状況を知らせる効果音を出す製品もあります。
このような機能は利便性を高めるために重要なものですが、深夜に使用するときには邪魔になるので、ミュート機能や音量調節機能が付いている製品を選びましょう。

カテゴリー: 未分類 | コメントする

家庭用脱毛器でoラインが可能!?

今では、家庭用脱毛器における脱毛方法も実にさまざまになったと言えるでしょう。「毛をはさんで抜き去る」昔ながらの脱毛方法を採用している家庭用脱毛器もありますし、しっかりと毎年技術的にも進化しています。しかし今では、ただ単に「抜き去る」だけではなく、家庭用脱毛器においても「フレッシュ」に、「レーザー」といった脱毛方法を採用したものまで発売されているのです。ですからこそ、家庭用脱毛器においても「oライン」脱毛が可能になったと言えるのです。「oライン」とは、簡潔に言うのであれば、「肛門まわり」の脱毛のことを言います。実は女性だけではなく、男性においても、「肛門まわり」の毛について悩みを抱えている人は多いのです。なぜなら、腕や脚のむだ毛とは異なり、他人と比べ合いをするわけにはいきませんし、わき毛のようにすべて抜き去るのも不自然だと考えている人もいるからです。ですからこそ、自分はどれくらいの毛の量なのか、はたまた毛の量が多いのかがわからず悩む人が多いのです。しかしながら、やはりまだまだサロンで処理をするのには、抵抗を感じる人も多いのです。そこで利用されているのが、家庭用脱毛器というわけなのです。現在の家庭用脱毛器は、狭い部分にも使用することはできますし、他の部位同様の脱毛効果も発揮してくれるのです。それに、「oライン」脱毛を自分自身でおこなうことができるため、人目を気にすることはありませんしね。支持されている理由があるのです。

カテゴリー: 未分類 | コメントする